埼玉県富士見市西みずほ台のらくだ整骨院は各種健康保険、労災、生活保護取扱。スポーツ障害、交通事故(むちうち等)の治療はお任せください。

みずほ台 整骨院 肩こり 腰痛 交通事故等 みずほ台のらくだ整骨院

交通事故治療

交通事故 むちうち等お任せください!


交通事故治療は病院で治療するものと思っているかたもいらっしゃると思いますが、整骨院でしっかりと治療することができます。富士見市みずほ台のらくだ整骨院では交通事故による、むちうち等の症状や体の痛みや不調による治療にも力をいれております。交通事故の治療には普通の怪我に比べて比較的治療日数がかかるものです。1日でも早く社会復帰できるよう取り組んで参ります。病院で治療をうけるよりも整骨院で治療をうけたほうがメリットが多いです。
治療以外にも力を入れていて交通事故相談の専門家の弁護士法人泉総合法律事務所さん、山崎司法書士さんとも提携しています。らくだ整骨院では交通事故の被害を受けた方に限り、診療時間外(朝7時〜22時まで)でも診察していますので時間がなくて治療に来れない方も安心です。他、診療時間が長く通いやすいとみずほ台周辺はもちろん、富士見市、三芳町、志木市などからも交通事故患者様が見えてます。
交通事故のお怪我は今はあまりたいしたことがないと思っても、後々痛みが出たりする場合があります。早期のきちんとした治療と、症状が完治するまでの治療をされることをお勧め致します!


弁護士法人泉総合法律事務所さんとも提携しております。

 

よくある質問をまとめてみました

Q.治療費はかかりますか?

A.負担金はまったくかかりません。相手方の保険会社が全額お支払います。

Q.どうすればらくだ整骨院で施術してもらえますか?

A.相手方の保険会社にらくだ整骨院に通院したいと伝えて頂くだけです。
又は、先にこちらにいらしてから、保険会社へは来院後の報告でもOKです!

Q.保険会社に整骨院での治療はダメだといわれましたが・・・・・

A.医療機関を選択する権利は患者様にあります。また整骨院での交通事故の治療は、国で認められています。保険会社は、病院より整骨院の方が通院しやすいので、治療費や慰謝料が多額になるのを嫌がるようです。現実には病院の検査料などが高額な場合が多く治療費がそちらに取られて慰謝料が減額されてしまうこともあります。以前、整骨院での交通事故の治療はできないし、治療費も慰謝料も出ませんと信じられないような嘘をいう担当者もいました。そのような事をいう保険会社がありましたら、すぐ当院へご相談下さい!

Q.病院と整骨院のどちらがいいの?

A.警察に診断書を提出する必要がありますし、骨などの異常がないか、まず病院でレントゲンをとり、診断書を書いてもらうことが必要です。後遺障害がでないとも限らないので最低月に1回は病院での診療を受けましょう。病院での治療は痛み止めの薬、電気治療、シップ薬の投与が主流です。交通事故のむちうちなどは、後で後遺症が出ないようにしっかり筋肉の緊張を和らげ、頚部の調整をしていくことが必要です。病院ではほとんど手技療法はありません。病院では診察、当院では手技療法を中心とした施術を受けて頂くことが色んな意味で安心ではないかと思います。
慰謝料は、通院一日あたり4,200円支払われますが、整骨院と病院とで差はありません!!同額です!

Q.治療期間は?

A.症状の程度によっても違うのですが交通事故治療は、平均3〜6ヶ月間の治療が多いです。

Q.症状が軽くても治療できますか?

A.交通事故の場合、初めのうちの症状がたいしたことがなくても、後で痛みや違和感が発生する場合も多く見受けられます。また早期に適切な施術を行わないでいると、後遺症が残る可能性も高まります。あまりたいしたことがないと思っても、早めに受診されることをお勧めします。

Q.毎日通院していいのでしょうか?

A.症状が改善するまで毎日治療できます。


Q.通院する医療機関を変更したいのですが?

A.保険会社に通院したい医療機関の名称と連絡先を電話で伝えるだけで変更できます。

保険会社は速やかに手続きをしなくてはなりません。

他にわからない事がありましたら何でもご相談下さい!

交通事故の慰謝料について

交通事故によって、被害者が受けた精神的な苦痛に対して支払われます。
1日4,200円に<実治療日数>×2と<治療期間>の少ないほうの日数をかければ慰謝料が算定されます。
<実治療日数>・・・・実際に治療を行った日数
<治療期間>・・・・・・治療開始日から治療終了日までの日数


交通事故の休業損害費

治療期間中、労働できなかったことによる給料の損失分が補償されます。
自賠責保険基準では原則1日5,700円が支払われます。
また日額5,700円を超える収入があることを証明できる場合には、19,000円を上限に下記計算式による実費が支払われます。


1.給与所得者

過去3ヶ月間の1日当たりの平均給与額が基礎となります。
事故前3ヶ月の収入<基本給+付加給与(諸手当)>÷90日×認定休業日数(会社の証明を要します)


2.パート・アルバイト・日雇い労働者

日給×事故前3ヶ月間の就労日数÷認定休業日数(会社の証明を要します)


3.事業所得者

事故前年の所得税確定申告所得を基準に、1日当たりの平均収入を算出します。


4.家事従事者

家事ができない場合は収入の減少とみなし、1日当たり5,700円を限度として支給されます。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ